最近人気の記事

2015年12月2日水曜日

モーゲンソーが考える世論対策の重要性

政治学者ハンス・モーゲンソーは国際関係論の古典『国際政治』の中で国力の一要素に「政府の質」が含まれることを論じましたが、具体的には国力を形成する資源と達成すべき政策目標の調整を行う能力、各種資源の間の均衡を図りつつ調整する能力、そして対外政策を推進するために必要な民衆の支持を獲得する能力の三つに注目していました。

今回は、政治的能力として民衆の支持を得るために世論を指導する能力が重要であるというモーゲンソーの議論を紹介したいと思います。

民主主義における政策決定
モーゲンソーは政府が政策を遂行するために各種国力を動員しようとしてもできない状況というものがあり、これは特に現代の民主主義において重要な問題であると認識していました。
「政府は、その対外政策に対する自国民の承認と、国力の諸要素―これが政策を裏付ける―を動員するためにもくろまれる国内政策への国民の承認を獲得しなければならないのである。このような作業が困難なのは、ある対外政策に対する民衆の支持が得られる条件が、対外政策を首尾よく追及できる条件と必ずしも同一ではないからである」(モーゲンソー、157頁)
つまり、対外政策で成功を収めるためには、国内政策で国民の支持を失わざるを得ないという状況があり得るということです。

世論が重視する短期的利害
このような状況が生じる背景には情報の非対称性があるとモーゲンソーは説明しています。つまり、政策決定に関与する政治家とその政治家を評価する民衆の間には判断基準において大きな相違があり、共通の視点から国益を考えることを妨げるということです。
そのため政治家は対外的必要性と対内的必要性の両方を同時に判断し、政策決定においては両者の妥協点がどこにあるのかを見極めなければなりません。
「民衆の気持ちは、政治家の考えが優れた特性を持っているのだと、ということに気付かず、たいていの場合、絶対善とか絶対悪とかいった単純な道義主義的かつ法万能主義的な観点からものを判断している。政治家は長期的な見方をとり、ゆっくりと遠回りして進み、大きな利益を得るために小さな損失を支払わなければならない。すなわち政治家は、曖昧な態度をとったり、妥協したり、よい時機を待ったりすることができなければならない。民衆の気持ちは早急な成果を求める。すなわち、今日の表面的な利益のために明日の本物の利益を犠牲にしようとするのである」(同上、158頁)
モーゲンソーはこのような政治的妥協を達成する上で決して用いてはならない二つの手法を述べています。
一つ目は自らの政権こそが国民の世論を最もよく代表すると主張し、国家の長期的な国益を短期的な成果と引き換えにすること、二つ目は有権者の批判に対して政府が頑強に現行の政策を維持することでかえって世論の反発を拡大させることです(同上)。

政府による世論指導の必要性
さらにモーゲンソーは適切な政策決定のためには世論を指導することが欠かせないとして次のように述べています。
「政府は世論の指導者であって、その奴隷ではないということを自覚する必要がある。すなわち、世論は、植物が植物学者によって発見・分類されるように、世論調査によって発見・分類されるような静態的なものではないということ、つまり世論は見分の広い責任あるリーダーシップによって常に作り出され、つくりかえられる動態的かつ変動きわまりない実態であるということ、さらに政府がリーダーシップを主張する場合、それを主張する政府が扇動家にならないようにすることは、その政府の歴史的使命であるということ、などを政府は自覚しなければならない」(同上)
モーゲンソーは政府は政策決定者と一般有権者の間に情報の非対称性が存在していることを踏まえ、宣伝や教育等の手段を通じて世論形成に主導的役割を果たすことができなければ、適切な政策を選択したとしても世論はそれを支持しない危険があることを論じていたのです。

議論から分かること
世論とは何か、民主主義における世論の特性、政府の世論とのかかわり方の是非についてモーゲンソーは十分に論じきれていないところもありますが、それでも国力を考える上で軍事力、経済力だけでなく、政治力がどれほど重要なものであるのかを考える上で参考となります。

モーゲンソー以外にも政治学者ではエドワード・カー(Edward H. Carr)が「世論を支配する力」を国力の一要素に位置付けており、オルガンスキーも政府による社会の「政治的開発(political development)」が国力の中心的要素であると論じていますが、モーゲンソーの研究は適切に選択されたはずの対外政策が世論に対する配慮と両立し得ない可能性があることを指摘したという点で意義があります。
これは民主主義の国家にとって解決しがたい課題であり、現在の日本にとっても密接に関係があるのではないでしょうか。

KT

参考文献
モーゲンソー『国際政治 権力と平和』現代平和研究会訳、福村出版、1998年

0 件のコメント:

コメントを投稿