最近人気の記事

2016年3月30日水曜日

論文紹介 健全な通常戦力こそ安全保障の基礎である

軍事力はその形態によって核兵器から構成される核戦力と、その他の通常兵器から構成される通常戦力に大別されます。

核兵器は通常兵器と比較にならないほど大きな威力を持っており、安全保障学の研究も長年にわたって核兵器の運用を分析してきました。

しかし、誤解すべきではないのは、核戦力を持てば無条件に国家の防衛に役立つとはかぎらないということです。

今回は戦略研究の観点から、そうした核兵器の理解の仕方を批判し、通常戦力の意義を再確認すべきだと主張した歴史学者マイケル・ハワードの研究を紹介したいと思います。

文献情報
Howard, Michael. 1982/83. "Reassurance and Deterrence: Western Defense in the 1980s,"Foreign Affairs, Vol. 61, No. 2, pp. 309-324.

新冷戦で露呈した核戦力の対米依存
この論文が書かれた1980年代のヨーロッパは新冷戦の真っ只中であり、ソ連軍がアフガニスタンに侵攻したことを一つの契機として、西側と東側の政治的、軍事的緊張が世界中で高まっていた時期に当たります。

こうした国際情勢の変化を受けて、当時のヨーロッパ諸国では改めてソ連軍の脅威に対抗するための防衛体制を見直そうとする機運が高まっていました。そして、こうした議論は対ソ核抑止能力を強化するように、米国に強く働きかけるべきだとする議論となることが少なくありませんでした。

しかし、軍事史の研究で知られた著者のマイケル・ハワードは、こうした当時の支配的な論調に対して別の議論を投げかけています。そもそも、自国の防衛体制を外国の核兵器に依存させる考え方には根本的な欠陥があると指摘したのです。

例えば、「ヨーロッパについて限定していえば、緻密に構築された核戦力は、(東側と西側という異なる)政治的社会が対峙する現実の課題に耐えきれなくなっている。(中略)米国の核の保証が消滅すると、ヨーロッパ人の士気は崩壊することになるだろう」という彼の見解は、ヨーロッパ諸国がより独立した軍事力を持つよう促すものでした。

西欧諸国は核戦力に頼らず、通常戦力を整えよ
著者は米国に頼ることを批判しただけでなく、イギリスをはじめとする西ヨーロッパ諸国が核戦力に依存した国防政策を推進することにも反対の立場でした。

そもそも米国が核戦力の整備を国防政策として重視しているのは、米国の同盟国の通常戦力の合計が、ソ連側の通常戦力に対して劣勢であり、有事の際にはヨーロッパ正面の防衛に多大な支障を来すと予測されていたためでした。

しかし、著者の立場からすれば、本当の問題は通常戦力の不足を核戦力で補完しようとする政策にあり、各国においては自衛のための通常戦力を着実に整備することこそが必要だと著者は論じています。
「今、求められているのは米国の核の保証を強化することではなく、反対の政策である。核の保証に関する要求は米国人を苛立たせると同時に、ヨーロッパ諸国で異論が噴出するだろう。しかし、ヨーロッパは軍事的、社会的、経済的に可能な範囲で自衛力を強化することにより、米国の核戦力への依存を小さくするように努力すべきである。自衛力の強化とは、通常武器により、通常の手段で防衛する、という意味である」
米国が提供する核の傘に頼るのではなく、ヨーロッパ諸国がそれぞれ必要な通常戦力を保有すべきだという主張です。なぜこのような主張が導き出されるのでしょうか。

領土防衛に最適なのは通常戦力である
著者は、米国とヨーロッパ諸国との間には重大な戦略目標の違いがあると説明しています。
つまり、米国の対ソ戦略においては核抑止は有用と言えますが、それはヨーロッパ諸国にとって領土を防衛するために効果的な選択肢ではないのです。

こうした大きな相違点を無視すると、国防のために整備すべき装備について間違った判断を下す恐れ出てくるとして、著者は次のように述べています。
「ソ連の西ヨーロッパ諸国に対する核攻撃または核脅迫はまったく予想できない事態というわけではない。これは防止すべきことだが、政治的な可能性の一覧において高い順位にあるわけではない。ソ連の核攻撃または核脅迫の防止を基礎に置いてヨーロッパの防衛を考えるべきではない。通常戦力だけが領土防衛を効果的に遂行する基本的な任務を担う。核抑止はこの第一義的な領土防衛任務に従属させるべきであり、その逆であってはならない」
米国の立場からヨーロッパの防衛を考えるのであれば、中東やアジアなどの他の正面に配備すべき戦力の関係で、核戦力による通常戦力の補完という考え方も成り立ちます。

しかし、ヨーロッパ諸国が第一に考慮すべきは自国領土の防衛であり、それはソ連の核攻撃を抑止できればよいというわけではありません。

著者は国土の防衛に必要な装備とは、核弾頭や弾道ミサイルなどの核兵器ではなく、小銃や機関銃、迫撃砲、装甲車、戦車、航空機、ヘリコプターなどの通常兵器であるというのが著者の立場です。

むすびにかえて
核兵器と通常兵器はその形態がまったく異なる武器体系であるため、状況によってその有用性が異なってきます。

その国家が置かれている安全保障環境の特性、そしてその国家が選択した戦略によって、どのような軍事力が必要となるかは千差万別です。

北朝鮮の核実験などを受けて、日本でも核武装の必要性を議論する機会が少しずつ増えてきているように思われます。

核兵器がどのような機能を持っており、それが日本の戦略にとってどのような役割を担うことができるのか、日本の核武装に周辺諸国がどのような行動を起こすのかについては、より詳細な検討が必要だと思われます。

日本の防衛政策において核兵器が無用の長物だと軽率に断定すべきではありませんが、核戦力の議論ばかりが先行して通常戦力の重要性が軽視されることは、健全な安全保障の政策論争ではないとハワードなら指摘するでしょう。

KT

関連記事
論文紹介 通常戦力の報復攻撃でソ連を抑止すべき
文献紹介 抑止が難しい戦略もある
核戦争の恐怖と同盟国の信頼を天秤にかける

0 件のコメント:

コメントを投稿