最近人気の記事

2016年3月26日土曜日

「平時」の戦略を確立した政治学者バーナード・ブロディ

現代の安全保障環境は必ずしも武力を直接的に使用することができる状況にはありません。一度、戦争状態に入れば彼我が受ける損害は極めて甚大なレベルとなり、政治的目的を達成するにはあまりに軍事的負担が大きくなりすぎるためです。
これを避けるために、現代の戦略家が重視するのは武力の間接的な使用であり、強制外交や抑止がこれに当たります。

こうした時代の要請に応じて戦略の考え方を大きく見直す必要が生じたのは冷戦期に入ってからのことでした。今回は、冷戦期に新たな戦略の理解を確立することに寄与したブロディ(Bernard Brodie)の戦略理論の一部を紹介したいと思います。

バーナード・ブロディとは誰なのか

バーナード・ブロディ(1910-1978)
「米国のクラウゼヴィッツ」、「核戦略の創始者」と称される米国の政治学者。
彼が構築した抑止に基づく戦略理論は現在の安全保障学の研究の基礎となっている。
ブロディは戦略研究の方面で世界的に名前が知られた政治学者ですが、日本で彼を知る人はそれほど多くないため、簡単にその略歴を述べておきます。
彼は1910年にロシア帝国から米国に移り住んだユダヤ人の家庭に生まれ育ち、1940年にシカゴ大学で政治学の研究で博士号を取得しています。
第二次世界大戦では米海軍で作戦本部に勤務し、終戦後にはイェール大学を経て1951年にランド研究所に入所しています。

このランド研究所で行っていた核兵器の運用に関する戦略研究は、1954年の学会報告で知られるようになりました。
ブロディは核の時代における軍事力の意義は戦闘に勝利することではなく、抑止を有効にすることであると主張し、この考え方はその後の安全保障学の研究者に大きな影響を与えることになりした。
その後も数多くの研究を残していますが、1966年からカリフォルニア大学で政治学・国際関係論を教えており、1978年に死去しました。

「戦略にはドルマークがついている」

ブロディは核の時代に備えるべき戦争とは限定戦争であり、国家の限られた資源をどのような武器体系の開発に配分するかが戦略的な重要性を持つようになると考えていました。
つまり、国家が編成する防衛予算の規模とそれを配分する方法こそが戦略の中心的な課題として考察しなければならないと指摘したのです。
「平時における戦略はどの武器体系を選ぶのかという選択によって大まかに表されている。当然、それは棚から既製品を買うようなものではなく、重い費用と多くの利点を調整する過程で厳選されながら展開されるものである。武器体系とそれに関するレーダー警戒ネットワークのようなシステムを選定していく過程で、軍事予算は常に大きな、そして普遍的な制約である」(Brodie 1959: 361)
つまり、平時における戦略家の重要な責任は防衛予算の適切な水準を見積り、また予算の制約の中でどのような武器体系の調達が適切なのかを判断することであると考えられているのです。
この主張は有事に軍団や艦隊を運用することだけを戦略だと考えてきた研究者に対する批判でもありました。
従来の戦略研究は平時における軍事力の費用分析の問題を重視してこなかったため、この研究が発表された当時の米国では軍事的理由から安全保障のために際限のない予算の要求が積み上げられるという状況に陥っていたことをブロディは懸念していました(Ibid.: 362-3, 364)。

健全な経済こそが軍事力の基盤である

国際金融センターとして知られるニューヨークのウォール街。
ニューヨーク証券取引所は世界最大の証券市場として有名であり、米国の経済的地位を示す象徴的存在ともなっている。正式な設立は1817年であり、その長い歴史を通じて米国債の流動性を確保する役割を果たしてきた。
言うまでもなく、軍事力は経済力によって支えられており、両者は相互に関係するものです。
ブロディはこのことを「長期にわたる国家の軍事的安全保障が健全な経済を必要とすることは明白な事実であり、この健全な経済のために軍事的安全保障も負担を背負わなければならない」と説明しています(Ibid.: 367)。
このため、現代の戦略家は経済に対する深い理解が必要であり、政府支出の増加に伴う税金の増加や国債の発行、そして労働力や資本の軍事部門への投下がどのような経済的影響を及ぼし得るかを考察できなければならないのです。そして、この経済の運営と関係してくるのが政治の問題であるともブロディは指摘しています。
「米国のような国家にとって、軍事支出は経済に深刻な悪影響をもたらすのは、民間経済に対する投資が大幅に削減された時か、利己的行動を引き起こすのに十分な速度でインフレーションが進んだ時に限られるであろう。さらに加えて、もし生活水準が低下、または上昇が停滞したならば、それはもはや(経済的責任というよりも)政治的責任として認識されることになるだろう」(Ibid.: 369)
ここでブロディは経済運営の適否という視点を通じて、戦略と政治が関係を持っていることに言及しているのです。
ブロディのように、戦略学の領域を経済、そして政治の方面にまで広げて研究すれば、軍事力が経済力とのバランスを失うほどに増強されるようなことがあってはならないことが分かります。それは財政の破綻と政治の崩壊に繋がる危険な状態であり、国家の安全保障を損なう状況に他なりません。

まとめ

ブロディは平時における戦略の重要性は、適切な防衛予算の水準を定めて、それを適切に配分することで必要な武器体系を揃えることにあると考えました。
その考え方に基づけば、戦略家は軍事力と経済力の相互関係を認識する必要があると分かります。ブロディは安全保障上の必要を理由に軍事予算を増やすことばかりを要求することは、結果として軍事力の基盤である経済力を弱体化させる恐れがあることに注意を促しており、財政運営に失敗することで生じる政治的リスクについても考えていました。

こうした戦略の考え方は抑止を主眼とする核の時代における戦略研究になくてはならないものとなり、現在においても多くの戦略論争の基礎となっているのです。

KT

参考文献
Brodie, Bernard. 1959. Strategy in the Missile Age, Santa Monica: RAND.