最近人気の記事

2017年7月22日土曜日

学説紹介 「攻撃的兵器」の分類に根拠はあるのか

日本は専守防衛の観点から、いわゆる攻撃的兵器を保有しない政策をとっていますが、その分類には何か学問的根拠があるのでしょうか。
そもそも、何のために兵器が攻撃的なものと防御的なものに区別されることになったのでしょうか。

この疑問について答えるためには、国際政治、安全保障の研究動向を少しさかのぼる必要があります。

今回は1940年代から1990年代にかけて技術と軍事バランスの関係をめぐる政治学者の学説をいくつか紹介し、そこで攻撃能力と防御能力が区別されるようになった経緯を説明したいと思います。

1940年代から1960年代までの代表的な研究
兵器を攻撃的兵器と防御的兵器に区別されるようになった遠因は、1945年の核兵器の登場にあります。
この出来事で軍事技術上の革新が世界の軍事バランスを一変させる可能性があることが学者の間で強く認識されるようになり、さまざまな研究が発表されました。

米国の研究者クインシー・ライト(Quincy Wright)も技術力と軍事バランスの関係に関心を寄せた一人であり、1949年の彼の論文「近代テクノロジーと世界秩序」は技術力が国際情勢に及ぼす影響を指摘するものでした(Wright 1949)。

また米国の政治学者バーナード・ブロディ(Bernard Brodie)らが著した1962年の著作『クロスボウから原爆まで』も、軍事史の観点から武器の発達を辿る試みであり、技術革新が戦争の歴史に与えた影響が考察されています(Brodie and Brodie 1962)。

とはいえ、ライトとブロディは軍事バランスにとって技術力が与える影響が存在することを示唆するにとどまり、それに基づいて具体的なモデルを構築するところにまでは至っていませんでした。

こうした課題が解決されるのは1970年代の後半に入ってからのことであり、二人の政治学者の業績がその後の議論の潮流を作り出しました。

「安全保障のジレンマ」で予想された技術の影響
技術力と軍事バランスの関係を考える上で現在でも広く知られる業績は米国の政治学者ロバート・ジャーヴィス(Robert Jervis)によるものです。

ジャーヴィスは1978年に「安全保障のジレンマの下での協調」と題する論文において、攻撃能力と防御能力とを区別しています。

そして、前者が強化されるほど国家間で安全保障のジレンマが悪化し、戦争のリスクが高まると論じたのですが、その際に地理的要因と技術的要因によって国家の攻撃能力が大きく左右されることも指摘しました(Jervis 1978)。

こうして攻撃能力を強化する技術が確立されることの政治的な危険性が示されることになったのですが、当時のジャーヴィスの議論で想定されていた技術は核兵器に関するものだったため、通常兵器の問題にはあまり踏み込んでいませんでした。

それでも、ある軍事技術には攻撃能力、別の軍事技術には防御能力を強化する場合があることが区別されたこと、そして技術力によって軍事バランスが大きく変化する可能性があることが研究者の間で広く認識されるようになったのは、ジャーヴィスの功績によるところが大きかったといえます。

「攻撃的兵器」としての戦車?
ジャーヴィスの業績に対して独立した研究であり、やや知名度で劣るところがあるかもしれませんが、ジョージ・クエスター(George H. Quester)も同じ問題について考察しています。

クエスターも国際システムにおいて攻撃能力と防御能力との軍事バランスが崩れた場合、国際紛争が起こる危険が高まると指摘しました。

この議論が展開された彼の著作『国際システムにおける攻撃と防御』の特徴ですが、それは通常兵器の問題も取り扱われていることです。

ジャーヴィスよりも攻撃能力を強化する技術の内容がより厳密に特定されていたことも注目に値します。

クエスターが攻撃能力を強化する技術の産物と見なしたのは、端的にいえば攻撃の速度、機動力(mobility)を向上させる機能を持つ装備でした。

その典型的事例として挙げられているのが第二次世界大戦における戦車であり、この装備が開発されたことが第一次世界大戦のような塹壕戦の再来を防いだと論じられています。

これは攻撃的兵器と防御的兵器の区別の一例ですが、特定の技術が戦争を引き起こすリスクを高めることに関する一つの説明として使われています。

確かに第二次世界大戦では戦車の研究開発が著しく、第一次世界大戦のような塹壕戦による手詰まりを回避する上で歴史的役割を果たしたかもしれません。

しかし、このようなクエスターの判断は一面的に過ぎるという批判も後の議論で加えられることになり(e.g. Levy 1984)、機動力だけで攻撃的兵器かどうかを判断することはもはや妥当とは考えられなくなってしまいました。

むすびにかえて
最後に強調すべきことは、現在に至るまで研究者は攻撃能力と防御能力とをどのような基準で区別すべきかという論点をめぐっては明確な結論を出せていない、ということです。

確かにジャーヴィスとクエスターが指摘したように、攻撃能力を持つ国家と防御能力を持つ国家との軍事バランスが前者にとって有利になれば、抑止はより困難となり、戦争のリスクが高まるでしょう。

この議論は安全保障のジレンマとして定式化され、今でも国際政治の授業で紹介されていますし、政策論争でもしばしば持ち出されている概念です。

しかし、そのような因果関係が理論的に説明されたとしても、攻撃的兵器と防御的兵器を区別すること自体が非常に難しいので、その概念に基づく情勢判断には慎重になる必要があります。

またジャーヴィスが言及した地理的要因も攻撃能力を強く制約する場合があることも忘れてはなりません。

結局、攻撃と防御は状況に応じて自在に変化するものであり、一体不可分の作戦行動として考えるべきものです。

特定の技術や装備が攻撃能力だけ、または防御能力だけを強化するはずだという議論は単純すぎるでしょう。

それでも攻撃的兵器と防御的兵器とを区別し、日本は攻撃的兵器の調達を避けるべきだという議論を続けたいなら、その定義や条件を明確にすべきでしょうし、そこに恣意的な判断が含まれていないかよく検討されるべきだと思います。

KT

参考文献
Brodie, B. and F. M. Brodie. 1962. From Crossbow to H-Bomb: The Evolution of the Weapons and Tactics of Warfare. Indiana University Press.
Jervis, R. 1978. "Corporation under the Security Dilemma," World Politics, 30(2): 167-214.
Levy, J. S. 1984. "Offensive/Defensive Balance of Military Technology: A Theoretical and Historical Analysis," International Studies Quarterly, 28.
Wright, Q. 1949. "Modern Technology and the World Order," in W. F. Ogburn, ed. Technology and International Relations. University of Chicago Press.

0 件のコメント:

コメントを投稿