最近人気の記事

2017年8月4日金曜日

文献紹介 どのように歩兵小隊の戦術は変わってきたのか

戦術の発展を促してきた要因は一つではありません。その時代、その地域に主流だった隊形や編制、武器や装備など、多くの要因が相互に影響し合っています。
しかし、兵役制度が戦術思想の発展に与えた影響は比較的理解されているところが少ないかもしれません。

今回は、20世紀の兵役制度の変化が歩兵小隊の戦術をどのように変化させてきたのかを考察した社会学者アンソニー・キングの研究を紹介したいと思います。

文献情報
King, Anthony. 2013. The Combat Soldier: Infantry Tactics and Cohesion in the
Twentieth and Twenty-First Centuries. Oxford: Oxford University Press.

歩兵小隊の戦術が重要な理由
この研究の目的は、20世紀に徴兵制から志願制への移行が進む中で、陸軍の歩兵戦術、特に歩兵小隊の戦術にどのような変化が生じていたのかを解明することです。

20世紀初頭の各国陸軍では徴兵制で人員を集めることが一般的になっていましたが、そのときに問題となったのが戦闘効率の問題だったと著者は指摘しています。
「20世紀の大衆軍(mass armies)は近代的な武器を使用させる上で集団行為の問題の解答を探し求めるために努力した。つまり、集団としての戦闘効率は市民からなる歩兵部隊にとって問題であり続けたのだ」(King 2013: 60)
著者は第二次世界大戦で兵士の行動を調査したマーシャルの研究を取り上げ、第一線における兵士の発砲率の低さが指摘されていたことを紹介していますが、この研究は徴兵制で作り上げた陸軍の戦闘効率の低さを示唆していると評しています(Ibid.)。

しかし、マーシャルをはじめ、これまでの研究者は歩兵戦術の変化と戦闘効率の変化との関係について十分に考察しておらず、この研究はその空白を埋めるためのものとして位置付けられています。

戦術単位としての歩兵小隊の成立
著者の調査によれば、19世紀末から20世紀初頭の歩兵戦術は短間隔、つまり密集した状態で部隊が行動することが前提とされていました。

このことはプロイセン軍の『1888年教令』でも見出すことができますし、また20世紀に入ってからもイギリス軍の1909年版『野外勤務例』、1914年版の『歩兵訓練』で繰り返し表明され、そこでは歩兵中隊は砲兵の支援を受けながら、敵陣地に対して密集横隊で前進することが述べられていました(Ibid. 130)。

しかし、第一次世界大戦の戦闘経験から、こうした戦術思想は廃れていき、歩兵中隊ではなく歩兵小隊を単位とする戦術の発展が促されることになりました。

著者は1917年を一つの転換点と見て次のように述べています。
「1917年以降、基本戦術単位は小隊になり、通常3個から4個分隊から編成され、射撃で相互に前進を支援し合った。小隊を単位とする射撃と運動という戦術上の発見は重要であり、恐らくは歩兵の技術において歴史的な瞬間であった。ハンス・デルブリュックが古典時代の戦争研究において、ギリシアのファランクスがローマのレギオンに置き換えられたことを軍事的革新にとっての決定的瞬間だったと書き残した」(Ibid.: 131)
戦争の歴史ではじめて歩兵小隊が戦術単位となったことで、小隊長は小隊員を運用する高度な戦術能力を獲得する必要が生じてきたということです。

徴兵制から志願制への移行期
第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけて歩兵小隊の戦術が大きく発展するかと思われましたが、変化の速度は緩慢だったとされています。

著者の見解によれば、この移行プロセスを妨げていたのは徴兵制でした。
徴兵制の下では士官や下士官の戦術能力を養成する時間に制約があったと著者は指摘しています。
「専門職化(professionalization)もまた組織体としての軍隊にとって重要な事象であり、またしばしば見過ごされるものでもある。それは軍人、制度的忠誠、能力、運用効率の関係を抜本的に変えるものであった。専門職化は単なる軍隊と兵士の雇用関係の変化を表すものではない。それは軍隊において示される忠誠心、そして軍隊における組織形態に関する重大な変化を表している」(Ibid.: 208-9)
陸軍において軍事的プロフェッショナリズムが強化されるきっかけとなったのは、20世紀後半に各国で進んだ徴兵制の廃止でした。

イギリスは1960年に徴兵制を廃止し、1963年以降に徴兵で集められた兵士は陸軍からいなくなります(Ibid.: 209)。
アメリカで徴兵制から志願制に移行したのはもう少し遅く、ベトナム戦争の影響を受けて1973年に廃止しています(Ibid.)。

こうした経緯を経て職業軍人の陸軍が登場すると、これまでにない技術を歩兵戦術に取り入れて戦闘効率の向上を進めることも可能となっていきました。

近接戦闘(CQB)の研究と普及
完全志願制に移行した影響のうかがわせる出来事として著者は近接戦闘(Close Quarters Battle, CQB)の導入を取り上げています。

CQBの特徴は、指揮官が部隊行動を細かく統制できない市街戦のような場面においても、小隊、分隊、班、個人が細かく相互に支援し合いながら交戦することにあります。

これは歩兵小隊の戦術を大きく発展させる可能性がありましたが、現場ではCQBがあまりにも高度な訓練を要するという理由で、導入に慎重な意見もあったのです。
「CQBの技術は特に人質救出の任務に当たる特殊部隊のために開発されたものであり、それは特殊部隊にとって極めて重要なものであった。しかし、イギリス海兵隊のような正規の歩兵の基本的な役割は、市街地だけでなくあらゆる地形において大隊、旅団規模で機動することであった。(中略)CQBが有益であるとしても、大規模な歩兵部隊においてCQB技術の練度を十分な水準に維持することは不可能だとも論じられた」(Ibid.: 264)
しかし、徴兵制から志願制に移行したことで、職業軍人たちはこの問題に長期的に取り組むことができるようになり、研究が大きく前進することになりました。

20世紀末に近づくと、もはやCQBは特殊部隊の技術ではなくなり、歩兵小隊の戦闘訓練の基本要素として取り入れられるまでになりました。

むすびにかえて
1914年のイギリス軍が歩兵中隊を密集隊形で戦わせていた時機と比べれば、現代の歩兵戦術はまるで違って見えるでしょう。
部隊として行動を統制されることはもはやなく、兵士一人ひとりが状況に応じた行動をとり、それが小隊全体としての戦闘効率を高めているためです。

しかし、それは戦術それ自体の発展だけで説明できるものではなく、それを実行する軍人の能力の高度化をも表しており、引いては軍事組織のあり方が変わったことを示してもいます。

著者が主張しているのはまさにこのことであり、歩兵小隊が次第に独立した戦術単位となり、さらにそこからCQBを取り入れてより高度な戦術を発展させることができたのは、志願制の効果によるところが大きいと考えなければなりません。

兵役制度と戦術思想の関係を考える上で、本書は興味深い視座を示しているのではないでしょうか。

KT

関連記事
市街戦における歩兵小隊の攻撃について
徴兵制と志願制、どちらを採用すべきか

0 件のコメント:

コメントを投稿